元大手WEBマーケティング会社勤務のSEO対策会社辛口比較サイト

SEO対策会社比較サイト

外部対策・内部対策について

外部対策・内部対策について

外部対策について

外部対策とは、リンクを他サイトから設定してもらう作業です。
いわゆる「被リンク」を指します。
サイトを作成した際は、インターネット上にサイトがポツンとあるだけですが、
他サイトからの繋がりを外部対策を行うことで作ることが出来ます。
外部対策を行うことで、人や検索エンジンクローラーのアクセス増加につながります。

 

検索結果の上位にサイトを表示させたい場合は、
外部対策が重要な要因の1つとなります。

被リンクを外部対策を行って増加させる方法として下記が上げられます。

1.お客様サイト、関連会社に被リンクを設定してもらう
2.記事をブログに載せてもらう、ブログコメントに入力する
3.バナー広告を出稿する

etc…

 

検索エンジンは第三者視点(客観的な視点)でサイトを評価しますので、
「コンテンツSEO対策」に注目が集まっている現在でも重要な対策であると言えます。

どうしても外部対策というと被リンクを得ることに注目されがちですが、
「ユーザーに自然に評価されるホームページを作ること」が本質となります。

しかし、単に良いコンテンツを作るというだけでは不十分で、世の中にそのコンテンツを広めていくためにも、
被リンクをより効率的に得ていくためのテクニックや知識を駆使していくことが求められます。

内部対策について

内部対策とは、日々変化する検索エンジンのアルゴリズムに合わせて、タイトルタグ、見出しタグ、ページ数、
文章量、画像、キーワードバランス、リンクバランス、テーマなど多くの必要項目をチューニングしていく作業になります。

外部施策と比べると、手間も掛かり、非常にアルゴリズムの修正回数が多く、具体的な指標が無いため、
最新の情報をもとに最適化する事が難しい部分です。

効果的な内部対策としてあげられるのが、ロングテールSEOです。
多くのページに対してロングテールでSEOを行うことで、様々な複合キーワードからのアクセスアップを目的としたサイト作りを行うことができ、
結果的に、オーガニック検索からの訪問者数を増やしていきます。

例えば、1ページのアクセスに頼ったサイトがあるとします。
インデックスの更新やアルゴリズムの変動で順位が下降した場合、
サイトの集客が激減するリスクが常にあります。
各ページに対して異なるキーワードでSEOを行い、コンテンツを強化する事で、
1ページの集客が例え落ちたとしても、他のページで補う事で安定したアクセスを実現する事ができます。

Googleのガイドラインに沿ったページ作りをまずは目指しましょう。
これが内部対策の主な要素となります。
Googleのガイドラインは項目が追加される事もありますので、最新の情報が無いか常に注意して確認する必要があります。
SEO専任の担当者でない限り、Googleの発言を逐一確認するという事はおろそかになりがちです。