元SEO会社勤務のウェブマーケティングマニアのSEO対策会社辛口比較サイト

検索エンジンスパムについて

検索エンジンスパムについて

検索エンジンスパムの定義

「何がスパムで何がスパムではないのか」ということについては、
残念ながら、その時のそれぞれの検索エンジンの内部基準によって判定されるものであり、
ペナルティの発動やその条件なども一定しません。
従って、「疑わしいことはしない」というポリシーで臨むしかありません。

しかし、一般に知られているスパムについての定義もあり、
指針としてそれを利用することもできます。
検索エンジンスパムについて最もよく使われる定義は次のものです。

<検索エンジンスパムに該当すること>
あらゆる人為的な、検索エンジンの適合度を計算する能力に影響を及ぼす試み
<検索エンジンスパムに該当しないこと>
検索エンジンが行うことを許可していること、または検索エンジンが存在しなかったとしても同じように行われ続けること。

上記の「検索エンジンスパムに該当すること」は少々極端なもので、これだけで定義を完結するには不十分と言えます。
というのは、ウェブページの内外のあらゆる要素から検索エンジンは適合度を計算するため、
ウェブページはそれ自体が人為的な検索エンジンの適合度を計算する能力に影響を及ぼす試みの集合であるからです。

そこで次の「検索エンジンスパムに該当しないこと」を除外する必要があります。
上で述べられている、「検索エンジンが存在しなかったとしても行われ続けること」という定義は
非常に考えさせられることが多いです。

例えば、隠しリンクや隠しテキスト、クローキングなどは人間に見せることを目的とせず、キーワードを
検索エンジンにだけ読み込ませることを目的として配置するテクニックです。
「検索エンジンが存在しなかった」場合には、このようなテクニックは当然使われ続けることはありませんから、
明確にスパムと見做すことができます。

スパムとペナルティ

悪質なスパム行為が発覚した場合、その行為を行ったページは検索エンジンからペナルティを課されることがあります。
ペナルティとは、具体的には以下のようなものです。

・検索結果からの除外
単に検索結果リストの上位に表示されなくなるといった、それほど悪質なスパム行為でない場合の措置です。
検索順位を最下位付近まで落とすこともあれば、検索順位を緩やかに下げることもあります。
・データベースからの削除
悪質なスパム行為を行った場合の措置で、データベースから完全に削除されます。
ページやディレクトリ単位の場合とドメインごと削除される場合もあります。

ただし、スパムとして判定され明らかにペナルティを受けているというケースは、
現状では非常に稀なものになっています。
これは、スパム行為による上位表示は一部の例外を除いて難しくなっているというこであり、スパム判定を必要以上に恐れる必要が減ってきたという意味で望ましいことです。

スパム行為の具体例

Google ウェブマスターのためのガイドラインには、「品質に関するガイドライン」としていくつかスパム行為の具体例が示されています。

<企みを持ったリンク組織に参加しない>
・組織的に検索順位やリンクポピュラリティを上昇させようとする計画に参加しない
・相互リンクを過剰にしない
・有料リンクを購入・販売しない
・有料リンク販売サイトやリンクファーム参加サイトにリンクしない

<隠しテキスト隠しリンクを使用しない>
・検索エンジンにだけ読み取らせることを意図した、
ユーザーには見えないテキストやリンクを配置しない
・背景と同色のテキストやリンクを使用しない
・ハイフン等の記号や小さな画像に設定されたリンクを使用しない
・大量のテキストを表示エリア外や画像で覆われたエリアに記述しない

<クローキングを行わない>
・検索エンジンのロボットに対して、IPやUAで判別して、
ユーザーに見せる内容とは異なる内容のページを表示することはしない

<JavaScriptを悪用しない>
・noscript要素内に実際のJavaScriptの動作とは異なる内容を記述しない
・JavaScriptを検索結果に表示されたページとは別のページにユーザーを
リダイレクトする目的で使用しない

<ドアウエイページを使用しない>
・特定のキーワードにだけ最適化された内容の無いページを、
別のページへのリダイレクトを目的として作成しない
・キーワードを詰め込まない
・特定のキーワードをリストや段落の中で過度に繰り返し使用しない
・キーワードを隠しテキストの中に詰め込まない
・キーワードをtitle属性やalt属性の値の中に詰め込まない

<重複した内容のページを公開しない>
・同じもしくは類似の内容を持ったページを検索エンジンの順位を操作する目的で複数のドメイン・サブドメインで公開しない
・キーワードだけが異なるページをまったく同じ内容で公開しない

上記はペナルティを与える可能性があるとGoogleが公表しているものですが、
これらのほとんどは、実際のところ注意する必要すらないものです。
もしペナルティを受けたと考えられる場合には、「Googleガイドライン違反ペナルティの解除方法」を参照しましょう。